毎日が楽しくあるために 黒シュナ&白シュナ生活


by cay06310
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

移動やめました

まだ日本語化が整わず。ユーザじゃないとコメントを残せなかったりするようなので、
移動するのはとりあえずお預けにしました。

b0026604_1925525.jpg

きーすさんに教えていただいた首輪が届きました。
あぷ嬢は引っ張り癖があるので、矯正首輪にしました。

さっそくおニューの首輪でお出かけ。

チャリチャリ音が気になるようで、いつもよりは引っ張りも少なめ。
引っ張るのは散歩のはじめのときなのだけれど、
なかなか直らないんだよねぇ。

車がくればストップするし、チャリやバイクにも興味が無いようだから、
少しくらいの引っ張りならいいかなぁとも思うのだけれど。
やはり、かっこよくお散歩したいので(笑)

あぷ嬢、特訓じゃ!!
[PR]
# by cay06310 | 2004-11-17 19:20 | シュナ(わんこ)

ブログ移動します

シュナのブログを移動することにしました。
アドレス:http://schna.blogspot.com/

グーグルのとこです。
でも、いまいち使い方がわかっていません(笑)
画像のアップがかなりめんどくさい...

こっちを多読にすればよかったかも。
ま、シュナで名前取っちゃったし。
(アドレスはschnauzer、schnauzersでは取れなかった)


ということで、今後はこちらにシュナを移動させます。
[PR]
# by cay06310 | 2004-11-17 09:58 | シュナ(わんこ)

大人こそ楽しめるお話

Stargirl 題名:Shrek
 著者:Ellen Weiss
 ISBN: 0141312491 約32,000 136p
 レベル:3.5
 備考:邦訳:シュレック
    DVD:シュレック & シュレック 2 ツインパック

 オススメ度:★★★★★

人里離れた沼のほとりにひっそり暮らす緑色の怪物"シュレック"のもとに、
ある夜、横暴なファークアード卿によって追放されたおとぎ話のキャラクターたちが押しかけてきた。
「怪物にだってプライバシーはあるんだ!」憤慨したシュレックは、
ファークアード卿に掛け合う約束をし、追手の役人から助けたおしゃべりロバ"ドンキー"とともに出発する。
一方、ファークアード卿は、正統な王位を継ぐべく、妃となる王女を探していた。
彼が白羽の矢を立てたのは、ドラゴンの城に幽閉されているミステリアスな美女フィオナ姫。
姫を救出する兵の選考競技会へ乱入したシュレックとドンキーは、
ひょんなことからファークアード卿の命で姫の救出に出るはめになった。
ところが、決死の救出劇で助け出した姫には"本当の美しさ"にまつわる重大な秘密が隠されていた…!?
果たして彼等の運命は…。

「BOOK」データベースより

---

地上波初登場ということで、テレビでやってましたね。
見ました?

私こういう隠れパロディ大好き~♪
あれもこれも隠れてる=裏にいろんな意味が隠されているって言うのが面白い。

これくらいのレベルの本だったら、途中途中で意味を考えて読むのもまたいい感じ。
映画では見落とした事も拾えるし、逆に文字だけじゃわからないものを映像でも補強できる。

何度見ても新しい発見があるお話です。
[PR]
# by cay06310 | 2004-11-12 22:56 | 多読

夢と希望

Stargirl 題名:Different Seasons
 著者:Stephen King
 ISBN: 0451197127 約135,000 508p
 レベル:6.5
 備考:邦訳:恐怖の四季 春夏編

 オススメ度:★★★★★

トッドは明るい性格の頭の良い高校生だった。
ある日、古い印刷物で見たことのあるナチ戦犯の顔を街で見つけた。
昔話を聞くため老人に近づいたトッドの人生は、それから大きく狂い…。
不気味な2人の交遊を描く「ゴールデンボーイ」。
30年かかってついに脱獄に成功した男の話「刑務所のリタ・ヘイワース」の2編を収録する。
キング中毒の方、及びその志願者たちに贈る、推薦の1冊。

「BOOK」データベースより

---

映画好きなら知らない人はいないショーシャンクの空に
でも、この原作がDifferent Seasonsに収められている1編:夏編と知る人は少ないのでは?
結末も映画とは少し異なり、私は小説のほうが好き。

このDifferent Seasons、もう1編:春編はあのゴールデンボーイ
邦訳:ゴールデンボーイ―恐怖の四季 春夏編

そしてDifferent Seasons (Signet)秋冬版の秋編はスタンドバイミー
残念ながら冬編:マンハッタンの奇譚クラブだけが映画化されていないのです。
この冬編がドキドキしていいんですけれどねぇ。
邦訳:スタンド・バイ・ミー―恐怖の四季 秋冬編
[PR]
# by cay06310 | 2004-11-11 20:40 | 多読
お互い懲りもせず、近寄ってはガルガルの言い合い。
離しても離しても近寄りたがるんだよねぇ。
仲良くしている時もあるのだけれど、これはほんの一時。
b0026604_20504980.jpg


はじめの頃はあぷ嬢はだいぶ我慢していた(圧倒されてた?)ようだけれど、
ここ2、3日は負けじとガルガル。
うるさいったらありゃしない。

あぷ嬢は手先(前足)がとっても器用で、
ちびもねのサークルに手を突っ込んでは欲しいものを横取り。
(隙間から取り出せるものだけだけれど)
今日もあげたばかりの馬アキレスを難なくゲット。
自分のは小屋に隠し、ちびもねのをガジガジ。
とられたちびもねは、忽然と消えた馬アキレスを探すのにトイレシーツを破りまくり。
朝早くから大騒動ですよ。

朝早くといえば、ちびもねの生活サイクルで人間サマはばて気味。
あぷ嬢は自分がした糞を踏んづけたりなんかしなかったのに、
(今思うととっても育てやすい子だった)
ちびもねは平気で踏みまくり...
あぷ嬢がいるから気になって踏んづけちゃうんだろうけれど。
それじゃなくても白いんだからやめてくれよ~

加えて、必ず早朝3時ごろに起きるちびもね。
どうもこの時間にもよおすらしく、
人間サマが片付けている間に自分はサークルの外でうとうと。

掃除が終わってサークルに戻すとヒンヒン鳴くから、
ベッドの下に簡易ダンボールハウスを置いて連れて行くと、
今度はおめめぱっちりになって活動開始。

ま、すぐに飽きてまた寝るのだけれど、
(この辺ちびもねは切り替えが早い)
人間サマがやっとうとうとしだした6時にはもう起きて餌の催促。
3日続いただけで、人間サマバテバテだよ~
今までは8時半起きの9時半出社だったから余計につらい。
こういうときこそ犬同士で何とかしてくれよ~、あぷ嬢!!

しかし。
ちょっとした事ではげちゃうくせに、
変なところで図太いあぷ嬢は意にも介さずベッドで熟睡。
(しつけが悪いのですが、人間サマと一緒のベッドで寝てるんです)

そういえば、あぷ嬢が来たばかりの頃も超早起きだったなぁ。
(いつのまにか人間サマと同じサイクルになってしまったけれど)
でも、ちびもねみたいに夜中にもよおしはしなかったよ...
ちびもね、もよおしか早起きどちらかだけにしておくれ~
[PR]
# by cay06310 | 2004-11-10 12:44 | シュナ(わんこ)
我が家では、GREEN DOGさんをよく利用します。
ちびもねが来てから餌のなくなりが早いので、今日もまた注文。
おやつもぼやぼやしているとちびもねに奪われるからね(笑)
b0026604_2131286.jpg


とサイトを開いたら、中越地震での動物たちへの義援金が。

あぷ嬢やちびもねが被災していたら...
と考えるといてもたってもいられず、餌代を寄付。

シュナを見かけるとうれしくなるし、
ワンコを見かけるとついついそばによってしまう。

そして、中越地震で被災した動物たちを思うとやりきれなくなる。
物言えぬ彼らは、この寒さの中耐え抜いているのだから。

私にはほんのちょっとの事しか出来ないけれど、
少しでも彼らのたしにしてもらえればいいな。
[PR]
# by cay06310 | 2004-11-09 16:56 | シュナ(わんこ)
Stargirl 題名:Harry Potter and the Chamber of Secrets
 著者:J.K. Rowling
 ISBN: 0747532745 約85,000 251 p
 レベル:6.0
 備考:邦訳:ハリー・ポッターと秘密の部屋

 オススメ度:★★★★☆

ホグワーツで2年生になったハリー。
ダーズリー家では相変わらずのけ者扱いされ、
ホグワーツの友人たちからは手紙すらこない。
そんなある日、親友ロンが双子の兄フレッド、
ジョージとハリーを助けにくる。
ホグワーツでの2年目の生活が幕を開けた。

---

これほど読むのに苦労した本は初めてです。
読破するのに1週間。
はじめに読んだ内容なんて忘れてるんじゃない?!って感じでした。

この本、学生時代に友人に進められて読んでいました。
今回、1巻の邦訳をたまたま読む機会があって、それなら2巻も再読しようと手にとったのです。
でも、2巻の邦訳買うほど余裕はなかったので、
もともと持っていたUK版を。
でも、読み出したらなんだか英語を英語のまま受け入れられず、
一文一文和訳して読んでしまってたんです。

なんとか英語脳に切り替えようと苦戦。
DVDを見てイメージを変えたらといいんじゃない?というアドバイスで、DVDで補強。
賢者の石のほうはDVDの違いって詳細をはしょってあるくらいだったのだけれど、
秘密の部屋のほうはの内容からちょっと外れ、
DVD独自のアレンジでちょっぴり混乱。

でもますます単語、とくに魔法用語や名前なんかが気になってしまって(笑)

1巻の邦訳がよほどつぼにはまってしまったようで、
なんて訳すんだろう(訳しているのだろう)???って気になって進まなかった。
ついつい電子辞書を使い、1で出てきた言葉から連想し...
で1日1、2章ペースになってしまいました。

この読み方、SSS的にはどうなんだろう?ってなってしまうのだろうけれど、
苦労した割には私的には面白かったかも。
邦訳版アメリカ版も買って読んでしまおうか位の勢い。
頻出してくるloveの使い方、イギリス版とアメリカ版で違いがあるのかかなり気になるところ。

そうそう、今までハリポタを英語で読む系の本って軽視していたのだけれど、
今回手に入れた解説本はなかなか良かったです。

ほかの本と違って単語の意味の羅列だけにとどまらず、
現代っ子たちの口調の説明やコックニーのちょっとした説明、解説などがあり、
ハリポタ以外にも興味深く読めました。
なかなかお勧め。

ってことで、今回はハリポタよりも解説本に★★★★★
ついでに、マルフォイ役のトムフェルトン君も★★★★★
ほかにも、アンナと王様のジョディフォスターの息子役などにも出演していたとか。
トムフェルトン君の公式サイトのブログも熟読しちゃいました。
なんか本読むよりも張り合いが出てきた感じ(笑)
[PR]
# by cay06310 | 2004-11-08 13:12 | 多読

休戦協定

与えてよいのかどうかわからないけれど、
ちびもねに馬アキレスをあげてみた。
あぷ嬢にもあげた。

二人仲良くほおばる。
しばしの休戦。
b0026604_0293360.jpg

しかし、本当に一時だった。
あぷ嬢、なぜかちびもねの馬アキレスを欲しがり横取り。
とられたちびもねもすかさずあぷ嬢の足にがっぷし。
また二人して転がりながらのかみ合い勃発。

あぷ嬢よ、ちびもねの馬アキレスはあなたの半分の大きさだろう。
どうして欲しがるのだ!!

ちびもねよ。
自分のではなくあぷ嬢のでいいではないか。
もとのよりも大きいんだし。

いくら二人に馬アキレスを見せても、
もう止まらないやめられない。
結局ちびもねはまたサークルの中へ。

しかし、ガップリやられたあぷ嬢、今日は黙ってない。
サークルに手を突っ込んで、再びちびもねの馬アキレス横取り。

もういいよ、すきにしれ。
[PR]
# by cay06310 | 2004-11-07 00:30 | シュナ(わんこ)
b0026604_18324714.jpg

1日4、5回、10分程度、ちびもねをサークルから出している。

あぷ嬢は新参者に対して興味津々。
出てくるたびに、お尻をフンフンしたがる。

ちびもねはあくまでも自分自分自分。
私を見て見て光線ですっ飛んでくる。

で、あぷ嬢が立ちはばかるので取っ組み合い開始。
寄ると触ると噛み付きあい。
順位決めの仁義なき戦いが始まる...

あぷ嬢は手加減しているようなのだけれど、
ちびもねはまったく容赦なし。

まだ赤ちゃんだから鋭く細い歯で襲い掛かる。
あぷ嬢はひげや首根っこをガップリやられっぱなし。
あぷ嬢、ストレスではげちゃいそうだよ。

今まではあぷ嬢はずる賢いなんて思っていたけれど、
ちびもねがきて間違ってたことに気がついた。
あぷ嬢なんて可愛いもんだったよ。
獣医さんも、素直な子だから誘拐に注意してくださいって言っていたけれど、
ほんとあぷ嬢は裏表ない可愛い子だった。
ただやんちゃだったのだ。

ちびもねは違う。
とにかく自分。
デジカメの起動音が聞こえたら我先にポーズとるし、
あぷ嬢にオスワリって言っているのに自分がして見て見て光線出すし、
(餌で釣ってオスワリを教えたらすぐ覚えた)
寝床にぬいぐるみ置いてその上にのり、
そこからジャンプでサークル飛び出そうとするし。

やつは可愛い顔して危険だ。
悪魔だ。

あぷ嬢、負けるな!!
[PR]
# by cay06310 | 2004-11-05 18:34 | シュナ(わんこ)

清く正しく美しい青春

Stargirl 題名:Daddy-Long-Legs, And Dear Enemy
 著者:Jean Webster
 ISBN: 0143039067 約80,000くらい? 336 p
 レベル:5.5
 備考:邦訳:あしながおじさん
       あしながおじさん (続)

 オススメ度:★★★★★

孤児のジュディは、名前を名乗らない援助者のおかげで大学に入学する。
知っているのは、玄関でみかけた足の長い影のみ。
大学に入学後、ジュディはあしながおじさんあてにせっせと手紙を送る...

---

女の子なら一度は憧れたあしながおじさん。
でも、大人になるともっとはまっちゃうのが続編のほうなんですよね。

でも、残念なことに続編は絶版になってしまっているらしく、
見つけることが出来なかったのですが...

年末にあじながおじさん、続あしながおじさんが刊行されることになったのです。
とっても楽しみ~♪

でも、ジーンウェブスターの魅力はこれだけではありません!!
処女作となる『おちゃめなパッティ』
あしながおじさんの原型となっていると言われているのですが、
これも面白いんですよ!!

上流階級の寄宿学校を舞台に繰り広げられる3人のお嬢様の物語なのだけれど、
イギリスの話とはまたちょっと違う背景が心地よい。

これも残念ながら絶版になってしまっているのですが、
著作権が切れているので、Web上にテキストで置いてあるようです。

物語倶楽部の【ジーン・ウェブスタ関連】でも見ることが出来ます。
オススメの1冊です。

おちゃめなパッティ
おちゃめなパッティ 大学へ行く
[PR]
# by cay06310 | 2004-11-04 14:34 | 多読