毎日が楽しくあるために 黒シュナ&白シュナ生活


by cay06310
カレンダー

2004年 10月 12日 ( 2 )

お世話になります

Stargirl 題名:The Heavenly Village
 著者:Cynthia Rylant
 ISBN: 0439231493
 総語数:13,000 95 p
 レベル:3.5(やや難しい表現、語句あり)
 備考:
 オススメ度:★★★★☆


The Heavenly Village、そこは、心残りを持って死んでしまった人が、
天国に行く前に立ち寄って、心残りを解消するための村。
日々の慌しさを忘れさせ、心に幸せをもたらしてくれる短編に出会えるだろう。

---

一番初めに出てくる銀行マンの話が一番身にしみた。
仕事仕事に追われて、気が付いたらもう中年。
そして天国。
人の事いえないなぁと思って。

社会人になってまだ10年にも満たないのに、
勤務時間だけ考えたら10年分以上も働いてるんだもの(笑)

そういう業界って言えばそれで終わりだけれど、
よそを見ると、人生楽しんでるなぁって人ばかりの気がしてきて。
これを隣の芝生は...で片付けていいのかどうか。

あぷ嬢が我が家にきて、仕事オンリーから
仕事二の次三の次になったのは良いことなのかもしれないなぁ。

でも、あぷ嬢残しては死ねない。
あぷ嬢のために働かなければならない!!

どちらにせよ、The Heavenly Villageにはお世話になるのかもしれない(笑)
[PR]
by cay06310 | 2004-10-12 12:32 | 多読

休日のあぷ嬢

あぷ嬢、とってもワガママ気ままです。

最近知恵がついてきて、オスワリやフセ、マテの命令に従わなくなってきました。
まるで、私に命令しないで、私がしたかったらするのよ!!とでも言わんばかり。
覚えたての頃は、100%言うこと聞いてくれたのに。
今じゃ露骨に『はぁ~?!』って嫌な顔をしたり、
『ワゥワゥッ!!』と吠えたり。
良くも悪くも、シュナって表情が豊かですよね。

ワルあぷ嬢、ご機嫌だと従ってくれるのですが...
我が家の秩序乱れ気味のようです。
一時の反抗期だと良いのですが。
飼い主は毅然とした態度でいなければいけませんね。

そんなあぷ嬢、日曜は獣医さんのところへ行って来ました。
あぷ嬢のかかりつけは、水道橋の鷲山先生。
とても気さくで、親身に相談に乗ってくれる先生です。
いつもは土曜の朝一で、他の患畜さんにあうことはほとんどないのだけれど、
台風の後だったからなのか、日曜は3組6匹の犬&フェレットがズラリ。
病院の周りをグルグルまわって、時間つぶししてました。

b0026604_21524244.jpg
ようやくあぷ嬢の番で、ハゲと出来物を見てもらうことに。
ハゲは様子見で、出来物はヒゲが抜けたところに
ばい菌が入ってニキビ状になったとのこと。
無理やりクシですくのはダメですね...反省。
避妊の話は、やはりしないことに決めました。
避妊をすれば子宮ガンや乳ガンは未然に防げるけれど、
それだけのために全身麻酔って言うのはやはり忍びないし、
早期発見すれば対応出来ると言うことなので。
これでちょっとすっきりです。

その後吉祥寺のSYUNA&BANIへ。
あぷ嬢に、秋冬用の首輪を買ってあげました。
春夏用のMix Border首輪とおそろいで秋冬用を。
秋冬っぽくボアボア感 になんていて可愛い~♪
と喜んでいるのは飼い主だけで、当のあぷ嬢はシラッっと。
ご案内のはがきと交換でもらったおやつはいたくお気に召したようですが。

まだまだお互いの気持ちが読めていないようです。
あぷ嬢よ、はやくおしゃれに目覚めておくれ!!
[PR]
by cay06310 | 2004-10-12 11:37 | シュナ(わんこ)