毎日が楽しくあるために 黒シュナ&白シュナ生活


by cay06310
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

被災地の現実

あぷ嬢はいたずらっ子で私は毎日『ダメーッ!!!』
と怒鳴ってばかりいますが、
何にも変えられない、私の家族です。
私の娘です。

飲み会の席でお子さんの話が出ると、
同様にペットの話も出ます。
中には自分のお子さんとペットを同列に扱われて嫌だという人もいますが、
私たちにとってはペットはお子さんと同列なのです。

ただ犬や猫、うさぎやフェレットに生まれてきただけで...


中越地震でエコノミー症候群で亡くなられた方は、
愛犬と過ごす為に軽自動車で寝泊りしていたという報道を見ました。
山古志村からヘリでペットと避難してきた人の映像を見ましたが、
その後共同生活に受け入れてもらえたのでしょうか。
警察犬以外にも、マントをつけた災害救助犬たちの映像も流れていました。
でも、どの子も肉球の保護のための靴を履いていませんでした。

グランドセロで活躍していた犬たちは、
熱さや瓦礫で足を負傷しても活動を続けたため
(活動をしなければならなかったため)
赤十字にたくさんの靴が送られて来ました。
この事実を知ってか知らずか、どこかのワイドショー番組では、
靴を履いて活動している犬たちに、
『こんな所でも飼い主の自己満足...』などとコメントしていましたが。


いまになってやっと被災地のペットたちに目が向け始められました。
出来れば現地でペットたちの世話などのボランティアを行いたいのですが、
現実は思うようにはいきません。
せいぜい街頭での募金か、振込みくらいです。
つらい生活をしているペットたち、そしてペットを心配している家族に
少しでも安心できる時間が出来ればと思います。

被災動物の支援活動について
新潟県中越地震動物救済 仮本部

日本救助犬協会
日本レスキュー協会
愛知災害救助犬協会
[PR]
by cay06310 | 2004-10-31 13:55 | シュナ(わんこ)