毎日が楽しくあるために 黒シュナ&白シュナ生活


by cay06310
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

文化を学ぶにはおとぎ話

Stargirl 題名:Princess School: If the Shoe Fits
 著者:Sarah Hines Stephens, Jane Mason
 ISBN: 0439545323
 総語数:30000 137 p
 レベル:3.5
 備考:
 オススメ度:未読のため未評価


シンデレラ白雪姫ラプンツェル眠りの森の美女などなどのパロディ?
どうしてglass slippersなのか、
if the shoe fitsがどういうときに使われるのか、
fairy godmotherは何なのか
(シュレック2で大活躍だったから想像できるね)
英語圏の子どもなら誰でも知っている『言葉』を知らないと、
比較的難しい本かも。

---

ジャケ買い第2段!!

こちらは副題If the Shoe fitsにも惹かれたのです。
ほら、シンデレラの有名な台詞ですよ。
You'll try this on every maiden in my kingdom
and if the shoe fits bring her in.

ガラスの靴はglass slippersだけれど
(ダンス用シューズはslippers)
ここでだけshoeなのは、
とりあえず誰でも良いからつれて来い
      ↓
早く結婚させたい!!
っていう王様の気持ちの表れなんだとか。

それに、if the shoe fits bring her inは
自分のことだと思って反省しろ
というイディオムに掛けてあるという事もあるんですよね。
(大学で習った知識も無駄じゃなかった!!)

いったいこの本はどういう内容なのか?!
これから読んでみます♪
[PR]
by cay06310 | 2004-09-25 17:08 | 多読